2013年10月14日月曜日

レーザ管気密確認

 
レーザ管が組みあがりましたので、ミラーをつける前にここまでの気密確認をします。

片側をバルブで閉じて、

もう一方を真空ポンプに繋ぎます。


久しぶりのネオントランス登場。今回からダイオードは一本の半波整流ではなく、ブリッジによる全波整流で使います。


15000V、20mA 出力のネオントランス。二つあるうちのひとつです。


配線して、


真空引きして放電させます。レーザ管の両端はシリコンゴムのブロックで塞いでいます。
良い感じ。きれいな均一放電になっています。


美しいです。


真空ポンプを切って放電の持続時間を見ます。リークが多いとすぐに放電しなくなります。
電圧を真ん中あたり(8kV くらいかな)にした状態で3分後でも放電が起こります。まずまず大丈夫なようです。


来週にはミラーを取り付けてのリークテストが出来そうです。
ミラーマウントのところのリークはこれまでも泣かされてきました。今回ワッシャのOリング 接触面を研磨しましたので、その効果に期待したいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿