2014年1月26日日曜日

レーザ加工機組み立て その8

 
メカ部分がおおよそ出来上がった加工機本体にレーザ管と光学系を組みつけていきます。
最終的なレイアウトは、市販の加工機と同じ3回反射としました。

必要な部材を3Dプリンタで出力し、ベースに組みつけていきます。量が多いので5時間程度かかる模様。その間に他の作業を進めます。


とりあえず順調の様子。


まずいったん全てをばらします。


そして、ベースにレーザ管を組み付けるための穴の位置出しをします。


こんな感じで鉛筆で適当に。


レーザ管も別の板(50円の端材を今日かって来ました)に組み付けるため、位置出しをします。


修理した糸のこ盤が早速活躍。


きれいに切れました。


Y軸の裏側のベルトを締めるのが非常に難しいので、ベースに大穴を開けることにします。
メンテのことを考えるとやっておいたほうがよいと思われます。


まず四隅にφ9mmの穴を開けて、


ジグソーでぶった切っていきます。


いや部屋の中でやる作業じゃないですね。掃除機回しながらでも粉だらけ。


さすがジグソー、あっという間に切れます。


ちなみにこのベースに使っている板は、ハンズマンの端材コーナーで買ってきたMDF。


組みつけの間ベースが滑らないようにゴム足を付けます。いずれベースの下には電源とコントローラーを入れるつもり。


Y軸から順に組みなおしていきます。ベースに開けた大穴のおかげでベルトの調整が非常に楽になりました。


さてここでM6の寸切りボルトを取り出します。このボルトは3軸ステージを分解したときに取っておいたもの。適当な長さに切ります。この切断にも糸のこ盤を使ってみました。刃を一本だめにしましたが、何とか切れます。


先ほど開けた穴に寸切りボルトを締め付けます。


次にレーザ管の乗せ換え。
この機会にやや強度不足を感じていたレーザ管保持冶具を強化しました。積層方向にM3長ネジを通して締め付けます。これで割れることはなくなります。


50円の板に保持冶具を取り付けて、


レーザ管を固定します。


そんなことやっているうちにプリントはいよいよ最終段階に。


柱をつなぐ板の位置決めをしておきます。


プリントが完了しました。


早速汲み付けを行っていきます。
これはレーザ管を乗せた板を固定するために、板の背中にM6ボルトを通すためのパーツ。


このように直線を出しながら木ネジで締め付けていきます。


取り付けてみました。


おおよそイメージどおりですが、ちょっと狭いかな。


レーザ管を取り付けてみました。


やはり狭いです。キャリッジとぎりぎりです。気持ちよくないのでレーザ管を反対側へ移動することにします。


管を反対側へ移動したところで、柱を固定していきます。
適当なジャンク箱のアクリル板を使います。これはおそらくフィルムスキャナの導光版だったものと思われます。ジャンク万歳!


こんな感じで柱の上を止めるとほとんどぐらつきはなくなります。


もう一枚の板も取り付けてここまで出来ました。


レーザ管のお尻のほう。ベースから飛び出しておりますが、それほど邪魔でもありません。


こちらが射出口。
光学系の組み付けは来週末のお楽しみです。


 いよいよ組み立ても最終段階です。
光学調整のやり方を考えておかないといけないですね。

ノートパソコンを2台分解

 
作業台の整理をしたついでに、ジャンクで眠っているノートPCを処分することにしました。7台あるうちの2台です。ひとつはレッツノートのN1.懐かしいです。トラックボールになる前のモデルです。実際に使っておりましたが、さすがにいまはCUI のLinux 入れるくらいしか思いつきません。多分スマホよりも非力です。
もう一台はNECの何か。親戚から壊れた物をもらったものです。


これと、


これ。AL-N1は大好きなPCでした。いまもメインのノートはレッツノートです。


裏のネジ1本を外してキーボードを持ち上げるとメモリとHDDにアクセスできます。


たいしたものは取れませんが、小ネジがたくさん手に入ります。


液晶の中のアクリル板も目的のひとつ。


マザー、というかこれしか基板はありません。


アクリル板はぺらぺらで、しかもくさび型という、昔の導光版です。いまいち。


収穫はこんなものです。地味にヒンジの部材がいろいろ使えたりしますのでとっておきます。


お次、NEC。すごいネジの数。富士通とNECのノートはこんなのばっかりです。組み立ての工数がすごいと思われますが、なに考えて設計しているんでしょうか。


ネジだけ回収しながら、


液晶はもちろん取っておきます。
このあとばらしましたが、やはり残念な導光版でした。


これでちょっとだけ引き出しに隙間が出来ました。

2014年1月25日土曜日

レーザ加工機最終設計

 
いろいろいろいろいろいろ考えた挙句、結局以下のようなレイアウトにすることにしました。
スケッチアップで図面を書き上げたところです。


何じゃ、市販の加工機と同じレイアウトではないかと思われるでしょう。その通りです。
やはりスペース効率という点では市販品は良く考えられています。
限られた部屋の中でよりシンプルに配置しようといろいろと考えましたが、いったん調整した後はずれないとか、レーザ管の安全性とか、冷却タンクの高低差とか、排気のやりやすさとか、種々考慮してこれに落ち着きました。

まずは作ってみようと思います。
上の絵では良く構造がわかりませんので、スケッチアップのアニメーションを置いておきます。フリー版なので動画は荒いですが、何をしようとしているかはわかるのではないかと。

video

明日は部品のプリントと組み立てを行います。

糸のこ盤を修理する

 
作業台の写真を何度か掲載したことがありますので、ボール盤の横に変なものがあるのに気がついた方もいらっしゃったかもしれません。
これなんですが、 糸のこ盤です。


昨年の末に高山質店の姪浜販売部 でこれを見つけました。2000円だったので即買いしました。
なんでそんなに安かったのかというと、この通り台がありません。
これではモノを切ることが出来ませんよね。ということで安かったのです。
高山のにいちゃんも「なんに使ってたんでしょうね?」とわからない様子でした。


結構年季が入ってますが、店で試運転したときは静かに動いていたので何とかなると直感しておりました。上下の腕が同時に上下する、というとわかりにくいですね。Cの形をした腕がそのまま上下するというか、やっぱりわかりにくいですね。


とりあえず修理をします。というか、台を追加します。
この部分を良くみると、前側に二つの穴、奥に一つの穴があります。奥の穴と手前の上の穴は一直線上にあり、径も同じです。これが支点になると思われます。そして手前の下の穴はM8のネジが切ってあります。糸のこ盤の作業台は角度を変えられるようになっておりますので、作業台の角度を決めた後に固定するためのネジ穴と思われます。
このあたりはホームセンターの他社糸のこ盤をみて間違いないと結論しました。


となれば、あとは簡単です。この穴を使って台を支える部品を作ればよいのです。
ノギスでだいたいの寸法をあたって、スケッチアップで部品を設計します。私の場合斜め切りをすることはまず無いと思いますので、角度を変えることは考えません。
で、設計したのがこちら。
 強度を稼ぐために厚くしたいところですが、反るといやなので二枚に分割してみました。
貼り合わせて使います。


さくっとプリントします。3Dプリンタさんは3階に引っ越しましたので、プリント面がちょうど目の高さになりました。良く見えます。


安定しております。


出来ました。2時間くらい。


エポキシを塗って張り合わせます。


放置。


糸のこ盤に使われるノコ刃は150mm長さと133mm長さの二種類がよく使われます。私のものは133mm。良く使われる手持ちの糸ノコの刃は150mmで長すぎます。
133mmの刃は150mmの3倍くらいの値段がしますので、いずれ150mmの刃を使えるように改造するつもり。


刃は下側のここと、


上側のここ(上のネジがついているところ)です。
したの写真にある二本の角みたいなところは材料が跳ねないようにするための押さえと、糸のこ刃が後ろに押されたときに押し込まれないようにする支えがついております。


さて、接着剤が固まりましたので台を作っていきます。


こんな感じにレイアウトします。


寸切りボルトを使って直線が出るように気をつけて部品をねじ込んで固定します。


寸切りボルトをそのまま残すとのこ刃があたりますので、短く切ったものをこのように固定します。


これが奥のほうの穴に入ります。


手前の方の穴は50mm長さのM6ネジを奥から手前方向に入れて、このように部品に通します。


あとは下の穴にM8ボルトを入れれば台の角度は水平に固定されます。


ばっちりイメージどおりです。
このままではのこ刃が通る穴がありませんので、適当に目測を付けて穴を開けます。


完成しました。ばっちり固定されています。


MDFを切ってみました。


すばらしい!
非常にきれいな切り口。何の問題もありません。


のこ刃が通っている穴の様子。


これでまた装備がひとつ増えました。
ボール盤と糸のこ盤で7000円とか。信じられない安さで手に入ってしまいました。