2014年1月3日金曜日

リミットスイッチ設計

 
秋葉原で買っておいたリミットスイッチを使う事にします。
リミットスイッチはジャンクの物が山ほどあるのですが、ここは贅沢に(笑)新品を使用。新品といっても国際ラジオで埃をかぶっていた物ですが。


ノギスで適当に寸法をあたって図面化し、ここまで書いて来た組み図にあわせて場所を決めます。
後はその場所に保持するためのパーツを設計してプリントするだけ。
本当に何度も言いたくなるのは3Dプリンタのすばらしさ。ほとんど何も考える必要がなく自由自在に部品が出来ます。今までであればジャンク箱ひっくり返したり、100円ショップを歩き回って流用出来そうな部品が付いた製品を探したり、しかたなく自分で木やプラスチックを切った貼ったしたり、果てしない時間を費やしたものです。それが一撃なのです。まさに革命でしょう。
私が使っているプリンタは精度がいまいちできれいな物は出来ませんが、それでも機構部品としては十分な物が出力出来ます。本当にすばらしい。

ということで、つい熱く語ってしまいました。
設計は以下の通り。それほど手の込んだ部品ではありませんが、作れといわれると一苦労する形です。

X軸のリミットスイッチと保持パーツ。

Y軸のリミットスイッチと保持パーツ。


ということで、今からプリントです。

0 件のコメント:

コメントを投稿