2014年2月16日日曜日

ちゃんと密閉できるように作り直し

 
少しばかりレーザ加工機を動かしてみた感想として、
  1. 木材、MDF、厚紙、アクリル板などいずれの材料も結構な煙が出る
  2. 木質系の材料からは結構な量のヤニや煤が出る
  3. しかもその煤がレーザ管やレンズの表面にこびりつく
  4. プラスチック系はにおいが強い、特にアクリルは刺激臭がすごい
という対策すべき課題がわかってきました。
これらを解決するためには何よりも排気をきちんとすること、レンズ付近の煙を吹き飛ばすエアをあててやることなどが必要です。つまりは市販のレーザ加工機についているものはつけなければいけないという当たり前のことがわかったのです。

ということで、ちょうどポンプも壊れているので、これを機会に密閉構造ができるように作り直すことにしました。ついでにZ軸の昇降も考えてみようかなと思っております。

まずは密閉構造から。
概略こんな感じで行こうかと思います。レーザ管を完全に外に出して加工室と縁を切ります。そして加工室天井にブロアをつけます。


レーザ管は箱の外に置いて、小窓からビームを引き込みます。


反射板周りはまだ図面を引いておりません。


フロントを開けて作業。リアも大物をやるときのために開けられるようにしてみます。


排気は100mmφのブロアを使います。


あちこち開ければ作業はやりやすいと思われます。


もう一つの案として、ステージはZのみとして、X/Y軸を上に持っていくというものがあります。
キャリッジが軽いのでX/Yを上に上げるというのはなかなか魅力的なアイデアではあります。ステージはものを置くだけになりますので、固定をしなくてもゆれたりしません、なかなかよいです。なんかどんどん市販の加工機の構造に近づいていっておりますが、それだけ市販品は合理的にできているということなのでしょう。
あきらめてまねしちゃおうかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿