2014年2月11日火曜日

Impact / Laser Engraver plugin を動かす

 
レーザ加工機の醍醐味はカッティングとマーキングです。
カッティングのほうは動作確認ができましたので、マーキングをやってみることにしました。

使うのはこの”Impact / Laser Engraver plugin”です。Artsoft のページからDLできます。
こちらです。


取説は、 これを使います。


この中の以下の記載にしたがって設定をしていきます。



まずはプラグインをさくっとインストールして、プラグイン設定から有効にします。一番上のやつです。


再起動すると、一番右のメニューに "Impact / Laser Engraving"が出てきます。


次に 、レーザのコントロールをDigital Triggerに割り当てます。
この辺を変えてしまうとカッティングのときに困りますので、プロファイルを別にしておきます。l


Digital Trigger についてはMach3 のマニュアルに説明があります。以下の部分。


プロファイルを分けておけば、どこをどう変更しても怖くありません。説明に従い、カッティングでレーザコントロールに使っていたZ軸のDirに割り当てていた7番ピンを開放します。


では何か描いてみます。
実はここから絵を出すまでに少々時間がかかりました。いろいろとパラメータをいじっても出力される絵が二重になるというか、壊れたテレビみたいな絵しか出ませんでした。んで、いろいろとMach3のフォーラムを調べているうちに「このプラグインで扱える絵は正方形だけ」ということがわかりました。
面倒といえば面倒ですが、わかってしまえばなんてことはありません。
ちなみに、このあたりを解決したプラグインの改良版をTOMTOMさんが作っていらっしゃるということもわかりました。 ふむふむと読んでいると、ここにもらせたろきんさんの足跡が。

TOMTOM さんにはいずれご挨拶をするとして、まずは正方形の絵でやってみることにしました。
3軸ステージのときもそうでしたが、こんなときの題材はやはりミクさんですね。

ネットをざっと見て勝手に使わせていただいたのはこちら。Tell Your World のやつかな。


で、これから正方形の絵を切り出して、グレースケール化して、ネガポジ反転して、さらにひっくり返しておきます。こうすると私のステージの送り系で描いたときに正立するのです。


描いているところ。ターゲットに画用紙を使っていますので、キャリッジのスピードをかなり上げて、レーザの出力は極限まで落としています。

video

 出来上がりはこちら。


階調のコントロールがいまいちですが、それなりに描けております。よい感じです。


調子に乗ってMDFの板に書いてみます。少し出力を上げてみます。

video

video

で、できたのがこちら。
ちょっとパワーを上げすぎました。といっても全力の1/5くらいなんですけどね。階調がなくなって影絵のようになってしまいました。


でも、輪郭もかっちり出ています。キャリッジの往復で描いていくのですが、ほとんどずれはないように見えます。


ちょっとアップで。見慣れるとこれも味があるな。


ということで、正方形という制限はあるものの、使えるものになりました。
いろんな素材で遊んでみたいですね。


 これで、カットとマーキングの両方の動作確認ができました。

0 件のコメント:

コメントを投稿