2014年6月29日日曜日

レーザ加工機 参號機組み立て その11

 
Zステージを作っていきます。
組み図では見難いのですが、ワークを乗せる台です。


これ。お盆のような四角形で四隅にシャフトを通すためのリニアブッシュを固定し、二辺の中央には寸切りネジでステージを昇降させるためのM5高ナットを保持したパーツを取り付けるようになっています。


リニアブッシュと高ナットホルダ


中はこんな感じになっております。


これらのパーツを取り付けるために、左右のMDF材には12個の穴を開ける必要があります。
組み立ててからではやりにくいので、事前にあけておくことにします。

組み図をばらして穴位置を出しておいて、


材の位置出しをしていきます。


こんな感じ。ちょっと見にくいですかね。


ハンドドリルでポンチ穴の代わりの下穴を浅くあけて、


ボール盤で3mmφの穴を垂直に開けて行きます。


完成。


仮止めしてみます。こんな感じに取り付けられるはず。


うら。


では組みつけに入ります。このように結合します。


まず、二辺を木工用ボンドで接着します。スコヤを使って直角が出るように気をつけます。
パネルソーで切り出していますので、当てれば直角が出るといった感じのすばらしさです。


4辺を接着しました。
ここで、ふと考えました。元々の設計では、底を一枚板(シナ合板か何か)で覆ってしまうつもりでしたが、 ステージが重たくなりそうなのでやめることに。


その代わりに、四隅をこのような三角板で補強することにしました。


いつもの2.5mmMDF板を使います。一号機で切断します。


動画。


出来ました。さすがに慣れてきて条件も固まりました。失敗はまずありません。


抜いて、


下穴を広げます。


こんな感じにつけることになります。


木工用ボンドで仮止めして、


木ネジで本締めします。
非常にがっちりしたものになりました。これで十分な強度が出そうです。


ではパーツを取り付けていきます。
M3のボルトナットでしっかりと固定します。この部分は分解できるように接着剤は使用しません。


がっちり取り付けが出来ました。


内側。


これでZステージは完成です。実際はこの上にワークを乗せるための板材が必要です。
ちゃんとしたマシンではハニカムが使われたりしていますが、当然そんな高価なものは使いません。知恵と工夫でお安く楽しむのがこのブログの趣旨であります。


 今考えているのは、換気扇のカバーに使われているアルミのパンチング板を切り出すことです。ちょうど使っていないものがあるのです。油まみれなので掃除しないといけませんが....


レーザ加工機 参號機組み立て その10

 
MDF材の切り出しを行いました。
厚さ12mmのMDF材を使っています。ホームセンターナフコ西福岡店 で450 x 900 x 12mm のMDFを購入し、パネルソーで切っていただきました。その際、以前購入したMDFの端材の切断もお願いしたところ快くご了解いただきましたので、全部材をパネルソーで正確に切り出すことが出来ました。
ご担当者様ありがとうございました。購入したMDFは税込みで800円台でした。端材のカット代含め1200円以下で筐体の材料がそろったことになります。


寸法はほぼ±0.8mmというところ。馬鹿でかいパネルソーで25mm幅の部材ななんて切り出したことを考えると良い精度と思います。 何よりも直角、直線がきれいに出ているところがありがたいです。


ざっくりと組むとこんな感じになるはずです。


筐体を組むといきなり場所をとり始めますので、この部分の組み立てはもう少し先にします。

DeskJet955C のインク詰め替え

 
知り合いの方からプリンタをいただきました。
HPのデスクジェット955Cです。インクがなくなったらヘッドごと取り替えるという潔いプリンタです。

とりあえず使えるようであれば使おうかと思い、まずはテストページをプリントしてみました。


だめだめです。カラーはぜんぜん出ていません。黒もスカスカです。


当然ヘッドごとカートリッジを交換する気などさらさらありません。手にも入らないだろうし。
ということで、DAISOの詰め替えインクを充填することにします。


まず黒から。
やり方はGoogle先生に聞いてみると、この辺見て勉強せよと教えていただきました。


それにしたがってやっていきます。


最初にbladder(インクの消費と共にしぼんでいく袋状のものが入っているのでしょうか)を膨らませるために10mmlインクを入れよ、とのことでしたが、そんなことしなくてもさくさくとインクが入っていきました。


続いて、カラー。
これもGoogle先生のご指導どおりに進めます。


入れているところ。マゼンタ。


シアン。30ml入ってしまいました。先生によると空だったら45ml入るようです。


ふたが無いので、ちょうどなくなった詰め替えインクのキャップになっていたゴムを使います。


プリントしてみます。ミクさん。
あれれ、白黒です。


まだカラーが出ていません。
カートリッジのステータスを見てみると、カラーが空になったままでした。 黒の出力はエクセレントなんですけどね。


このあたりを見ると、カラーのカートリッジのインク残量をリセットする方法がありました。
なるほど。最近のいやらしいカートリッジに比べてなんと素直なことでしょう。


でさくっと処理して、リセットできました。


でも、まだカラーは出てくれません。接触の問題か、ヘッドが全色詰まっているか。よくわかりませんが、インクが浸透するまで数日放置してまた試してみたいと思います。

2014年6月22日日曜日

みおふぉん買ってみました

 
格安スマホが来そうです。と勝手に思っております。
今の我が家の状況は、家族三人でiphone4 を使っており、 契約はまだ3Gです。そして私が音声だけのdocomoの契約をひとつ持っております。
さすがにiPhone4では次期OSのアップデートも相手にされなくなりそうなので、そろそろ何か考えねばと思っておりました。
で、気になっていたのが格安スマホです。しばらく前から調べ始めており、SIMはiijのものが良いなと思っておりました。理由は高速通信と低速通信を任意に切り替え可能であるからです。高速はLTE/3Gで、対応はハードウェアに依存します。低速はいずれも200kbpsです。で、料金は高速通信の月当たりの容量で決まり、1GBまでであれば1000円しません。また、200kbpsの速度であれば、事実上通信容量に上限はありません。これにSMS用(音声通話は出来ない)電話番号をつけると+150円、音声通話の電話番号をつけると+1000円、といった料金体系になっております。いまのiPhone(SB)に毎月5000円払っていることを考えると恐ろしく安いです。
料金についてはこのあたり。 (私はiijの回し者ではありません。)

私の月々の通信料を見てみると、多い月で1.2GBくらい、すくないときは200MBくらいです。これは1GB/月のコースで十分であるということです。

ここまで調べて「次は格安スマホ」と決めておりました。
調べていたときでもすでに格安スマホはたくさん出ておりましたが、私の望む条件をクリアしたものがありませんでした。
その条件とは、
  • docomo回線であること -- 今後含めてSIM選択の幅が広い、業者も多い
  • FOMA+エリアに対応すること -- 山登りが好きなのでこれは必須
  • SIMの二枚挿しが出来ること -- ガラケーと統合したいので
  • SDカードが使えること -- 格安スマホはメモリ少なめなので
  • 電池交換が出来ること -- 電池が劣化したら端末ごと交換というのは嫌いです
です。LTEとかおさいふとかには興味がないのです。

....と思って探していたらついに来ました!BIC/iijの格安スマホ
ネットで調べたところ、私の望む条件をすべて満たしているようです。ということで早速買ってみました。

これ、TJCの StarQ Q5001というモデル。
正直全く知らないメーカーですが、どうせ中身はクアルコム様+ペリフェラルです。誰が作ってもちゃんと動くキットの世界です。ベンチャーにも参入機会を与えるすばらしいシステムと思っております。
ということで特段の不安は無く決めました。
BICカメラ福岡天神店で26000円(ポイント10%)くらいでした。


でかいです。 ディスプレイが5inchあります。幅が同じくらいなので、2.5inchのHDDを並べてみました。


私の手は小さいので余ります。が、iPhoneに比べると断然見やすいです。


 裏蓋が簡単に開きます。すばらしい。


スロット類。左から普通サイズのSIM、マイクロSD、マイクロSIMです。私の場合、全部埋まることになります。今回契約したSIMは右のマイクロSIM。BICSIMの名前でビックカメラで売られているもの。ミニマムスタートプラン+SMSで1120円/月というところ。SIMにはdocomoの表記があります。


マイクロSDカードスロット。32MBのカードを挿しています。


アンテナピクトの様子。SIM二枚挿しなのでアンテナピクトも二つあります。右がBIC SIM、左がガラケーSIMです。ガラケーSIMはdocomoのお店で交換してもらわないとロックがかかっています。ということでこのままでは音声通話は出来ません。今度やるつもり。 ちなみに、二枚のSIMを同時にアクティブにすることは出来ません。当たり前ですが、中にある通信回路はひとつなのでどちらかのSIMがそれを使うことになります。切り替えは設定から簡単に出来ます。


で、こちらのアイコン「みおぽん」が通信速度切り替えのスイッチです。


起動するとこんな感じになっています。
高速通信の容量というか権利(?)というか、それをiijではクーポンと呼んでおります。クーポンをONにすると通信が高速になると共に総残量で示される高速通信容量が減っていき、OFFにすると200kbpsに速度制限がかかりますが、通信容量の上限は事実上取っ払われるというものです。
ここで、「事実上」という言葉を使っているのは、上限無しといいつつも「3日で360MB(位だったと思います)を超える通信をしたらさらに速度制限するよ」 といった但し書きがあるからです。


高速(クーポンON)と低速(OFF)でそれぞれどれだけ通信したかがわかりやすく表示されます。


ONにした様子。


で、皆さん気になるのは
 「200kbpsでどの程度使えるの??」
ということだと思います。

結論から言うと、 十 分 使 え ま す 。
生まれたときから光回線という人ならともかく、私のように初めて買ったモデム(死語)が2400bpsだったようなおっさんにとっては十分です。当時はISDNの64kbpsでもうらやましかったのですから。

ということでどんなもんかテストした様子です。
クーポンを切って、無線LANを切って、キャッシュの利いていないページをブラウザで表示してみます。
ちょうどアクリ屋さんからメールが来ていたので、そのリンクをたたいてみました。


動画がこちら。


どうです??案外いけるでしょ、というか「これで十分じゃん」と思われた方は多いと思います。200kbpsが連続して出てくれれば速度的には十分なのです。
実際、LINEやら2ちゃんのまとめサイトやらのテキストベースのところであれば高速低速の差は全く体感できません。

一方で、まずいところもご紹介。もっともわかりやすいのはマップです。
こんな感じ。


低速ではマップは全く使えません。クーポンONが必須です。
もちろんいいことばかりではないですよね。


ということで、私的には非常に良い買い物であったと思っております。
皆様もぜひご検討あれ。