2014年6月14日土曜日

レーザ加工機 参號機組み立て その8

 
一気に全設計を終えました。
こんな感じの外観になっております。全体の箱はMDFを使い、上部にガラス板を嵌め込んで作業状態が見えるようにします。ふたを閉めれば密閉され、臭気が外に出ることはありません。


上部カバーは乗せるだけになっており、取り外すことでメカ部が露出し、光学調整などがやりやすいようになっております。



レーザ管は完全に加工機の外に出ます。こうすることで射出口が汚れたりすることがなくなります。
排気ファンは後方中央に設置。


第一ミラーはここに置きます。レーザ管の出力光は壁に開いた穴から導入されます。


ふたを開けたところ。下部手前(水色)はプラ段で作製します。ここを開くことでワークの設置がやりやすくなります。


こんな感じ。前から手が入ります。


X/Y軸は一体で動かします。


XY方向のストロークは 215 x 300mm と十分な広さを確保できました。
X軸駆動用のモータは大型のものを使うようにします。


参號機では新たにZ軸を昇降できるようにします。ストロークは約60mm、最大80mmの厚さのワークまで加工可能です。


中央の白い部分の中に高ナットが入っており、寸切りねじを下部のステッピングモータ二つで回転させることで昇降を行います。


Z昇降ステージを外したところ。


残りはリミットスイッチや配線、冷却配管などこまごましたところですが、これは作りながら考えていくことにします。とりあえずは左手前を原点にすることだけ決めておきます。こうすることでPCスクリーンのレイアウトのままで加工が行われるようになります。

さて、部品を作っていきましょう。



0 件のコメント:

コメントを投稿