2014年6月22日日曜日

みおふぉん買ってみました

 
格安スマホが来そうです。と勝手に思っております。
今の我が家の状況は、家族三人でiphone4 を使っており、 契約はまだ3Gです。そして私が音声だけのdocomoの契約をひとつ持っております。
さすがにiPhone4では次期OSのアップデートも相手にされなくなりそうなので、そろそろ何か考えねばと思っておりました。
で、気になっていたのが格安スマホです。しばらく前から調べ始めており、SIMはiijのものが良いなと思っておりました。理由は高速通信と低速通信を任意に切り替え可能であるからです。高速はLTE/3Gで、対応はハードウェアに依存します。低速はいずれも200kbpsです。で、料金は高速通信の月当たりの容量で決まり、1GBまでであれば1000円しません。また、200kbpsの速度であれば、事実上通信容量に上限はありません。これにSMS用(音声通話は出来ない)電話番号をつけると+150円、音声通話の電話番号をつけると+1000円、といった料金体系になっております。いまのiPhone(SB)に毎月5000円払っていることを考えると恐ろしく安いです。
料金についてはこのあたり。 (私はiijの回し者ではありません。)

私の月々の通信料を見てみると、多い月で1.2GBくらい、すくないときは200MBくらいです。これは1GB/月のコースで十分であるということです。

ここまで調べて「次は格安スマホ」と決めておりました。
調べていたときでもすでに格安スマホはたくさん出ておりましたが、私の望む条件をクリアしたものがありませんでした。
その条件とは、
  • docomo回線であること -- 今後含めてSIM選択の幅が広い、業者も多い
  • FOMA+エリアに対応すること -- 山登りが好きなのでこれは必須
  • SIMの二枚挿しが出来ること -- ガラケーと統合したいので
  • SDカードが使えること -- 格安スマホはメモリ少なめなので
  • 電池交換が出来ること -- 電池が劣化したら端末ごと交換というのは嫌いです
です。LTEとかおさいふとかには興味がないのです。

....と思って探していたらついに来ました!BIC/iijの格安スマホ
ネットで調べたところ、私の望む条件をすべて満たしているようです。ということで早速買ってみました。

これ、TJCの StarQ Q5001というモデル。
正直全く知らないメーカーですが、どうせ中身はクアルコム様+ペリフェラルです。誰が作ってもちゃんと動くキットの世界です。ベンチャーにも参入機会を与えるすばらしいシステムと思っております。
ということで特段の不安は無く決めました。
BICカメラ福岡天神店で26000円(ポイント10%)くらいでした。


でかいです。 ディスプレイが5inchあります。幅が同じくらいなので、2.5inchのHDDを並べてみました。


私の手は小さいので余ります。が、iPhoneに比べると断然見やすいです。


 裏蓋が簡単に開きます。すばらしい。


スロット類。左から普通サイズのSIM、マイクロSD、マイクロSIMです。私の場合、全部埋まることになります。今回契約したSIMは右のマイクロSIM。BICSIMの名前でビックカメラで売られているもの。ミニマムスタートプラン+SMSで1120円/月というところ。SIMにはdocomoの表記があります。


マイクロSDカードスロット。32MBのカードを挿しています。


アンテナピクトの様子。SIM二枚挿しなのでアンテナピクトも二つあります。右がBIC SIM、左がガラケーSIMです。ガラケーSIMはdocomoのお店で交換してもらわないとロックがかかっています。ということでこのままでは音声通話は出来ません。今度やるつもり。 ちなみに、二枚のSIMを同時にアクティブにすることは出来ません。当たり前ですが、中にある通信回路はひとつなのでどちらかのSIMがそれを使うことになります。切り替えは設定から簡単に出来ます。


で、こちらのアイコン「みおぽん」が通信速度切り替えのスイッチです。


起動するとこんな感じになっています。
高速通信の容量というか権利(?)というか、それをiijではクーポンと呼んでおります。クーポンをONにすると通信が高速になると共に総残量で示される高速通信容量が減っていき、OFFにすると200kbpsに速度制限がかかりますが、通信容量の上限は事実上取っ払われるというものです。
ここで、「事実上」という言葉を使っているのは、上限無しといいつつも「3日で360MB(位だったと思います)を超える通信をしたらさらに速度制限するよ」 といった但し書きがあるからです。


高速(クーポンON)と低速(OFF)でそれぞれどれだけ通信したかがわかりやすく表示されます。


ONにした様子。


で、皆さん気になるのは
 「200kbpsでどの程度使えるの??」
ということだと思います。

結論から言うと、 十 分 使 え ま す 。
生まれたときから光回線という人ならともかく、私のように初めて買ったモデム(死語)が2400bpsだったようなおっさんにとっては十分です。当時はISDNの64kbpsでもうらやましかったのですから。

ということでどんなもんかテストした様子です。
クーポンを切って、無線LANを切って、キャッシュの利いていないページをブラウザで表示してみます。
ちょうどアクリ屋さんからメールが来ていたので、そのリンクをたたいてみました。


動画がこちら。


どうです??案外いけるでしょ、というか「これで十分じゃん」と思われた方は多いと思います。200kbpsが連続して出てくれれば速度的には十分なのです。
実際、LINEやら2ちゃんのまとめサイトやらのテキストベースのところであれば高速低速の差は全く体感できません。

一方で、まずいところもご紹介。もっともわかりやすいのはマップです。
こんな感じ。


低速ではマップは全く使えません。クーポンONが必須です。
もちろんいいことばかりではないですよね。


ということで、私的には非常に良い買い物であったと思っております。
皆様もぜひご検討あれ。

2 件のコメント:

  1. とても簡潔にわかりやすくまとめて下さっているので、大変参考になりました。
    私も、3大キャリアの通信費の高さに辟易しておりました。一週間程格安simを探し悩み、iijに絞り切りました。
    明日にiijに不明点を確認し、amazonで購入しようと心に決めています。

    返信削除
    返信
    1. 参考にしていただきありがとうございます。
      私のみおふぉんはその後も順調に動いております。
      先日4年間お世話になったソフトバンクモバイルからMNPで音声も移しました。それにともない、今は音声付きとデータのみの二枚のSIMカードが刺さっている状態です。端末は安定して動いています。いずれ音声のSIMカードに契約を集約するつもりです。
      購入はされたのかな。
      何かありましたらまたコメントくださいませ。

      削除