2014年6月15日日曜日

レーザ加工機 参號機組み立て その9

 
完成した設計図をばらし、プリント部品から作っていきます。

3Dプリンタ。ほんとに便利です。
日用品やアクセサリなど、外観が重要なものを作るにはまだまだのレベルだと思いますが、こういった機構部品を作るには必要十分な精度ですし、何よりも自分で設計したものが数時間後には形になっているという便利さ、もう何もいうことがありません。すばらしいです。


つんでつんで、


つんで...


形になってきました。


プリントが出来上がったら、冷えるのを待って基板から取り外します。
チョコチョコとヤスリで修正。


M5の高ナットを取り出して、


こんな感じに乗せます。設計通りなので当たり前ですが、ぴったりです。


ふたをして、


ジャンクネジで締めこみます。このパーツをZステージに固定することで昇降を行います。


もう一方のパーツは、ベアリングを、


こんな感じに挟み込んで、ネジで締めこみます。


どんどんと機構部品が出来ていきます。


プリント第二段。Zステージ用のリニアブッシュホルダ。


このパーツは、Zステージの四隅に配置し、平行に昇降するように支えます。


リニアブッシュを乗せて、


インシュロックで縛り付けて固定します。がっちりです。


さて、来週あたり箱に使うMDF板を物色しないといけませんね。
お盆前には完成するかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿