2014年10月19日日曜日

3Dプリンタ不調の原因が判明→復活

 
3Dプリンタさんが不調になりました。
サーミスタとヒータに原因があるのかもと思い交換部品を発注したものの、なんとも釈然としないものがありましたので、ずっと原因をあれこれ考えて思考実験していました。

そのうちに「PLAは折れる」という話を思い出し「ひょっとしたら折れたPLAが詰まっているのかも」と思いもう一度ヘッドを分解してみました。


ばらばらにします。怪しいのは右上のテフロンパイプ。
針金で中を探ってみると案の定何か引っかかっていて全く針金が入っていきません。


どうじゃこうじゃとやっていると、こんなのが出てきました。折れたフィラメントの破片です。
おそらくこれが原因と思われます。折れただけであればフィラメントを押し込むことで順次押されて折れた部分も出て行くと思われますが、このようにばらばらに折れた状態ではそうも行かなかったものと思われます。おそらく折れた状態で中途半端に曲がったようになってパイプの中に引っかかっていたのでしょう。


ということで、パイプの中をきれいに掃除して元通り組みつけます。


すると....出る出る出る出る。すばらしいです。


こんなものが自然に出来てしまいます。完全復活です。


早速プリント待ちのパーツを出力。


人が変わったように順調です。


すばらしい。


このまま出来上がるでしょう。


これでまたひとつ知見が増えました。ヘッドの中の構造も動作の詳細もほぼ完全に理解しましたので、今後は何が起きてもまず対処できると思います。自信が出来ました。

0 件のコメント:

コメントを投稿