2015年1月31日土曜日

【依頼案件】ミクさんのサイバーコンソール その10

 
ベース部分のデザインをやり直してみました。
べたの板はあんまりなので、足をつけてみたんですがどうですかね。デザイナー的な発想にかけているのでかっこよさがありません。恥を忍んで。

案その2。
台座の板をやめて足を伸ばしてみました。


あと、側板に01と HATSUNE MIKU をすかしで入れてみました。


後ろ側。どうもベースの所の四角い板が目につきます。間抜けな感じです。


ということで、その部分をマイナーチェンジした案3。


足の部分の丸い抜きをやめました。間抜けっぽいので。


足を固定するベースの板はちょっとだけ切込みなど入れて変更。四角い板よりはましかなと。


ということで、これを私の最終案として提示させていただきます。


サイズ確認では作製しなかった側板。この板は強度というより化粧のためについていますので、はめ込みでの取り付けを避け、ローレットネジでの固定を提案します。(SUの左とKの左の丸い所)
同様の理由で両足の左右の外側にさらに取り付けられる板もローレットで止めてはと思います。
んで、この板はアクリルで作るとかっこいいかなと。イメージはスモークグレイです。


コンソール部分。
コンソールパネルは蛍光ブルーのアクリルでいいかなと。
それから、足の間にあった仕切りは取っ払いました。文月さんにお送りいただいたミクさんの写真を見ると、スカートが引っかかりそうな気配です。今後別の衣装になることも想定すると邪魔板は無いほうが良いだろうと思います。


ちなみに、最初の設計ではこうなっていました。


小物のアクリル板はデザインをもう少し考えます。
とりあえずスリットを入れてみたところ、そこはかとない昭和の香りが漂っております。


ではハニカムでぬいてはどうかと思い、上部のデザインをしてみましたが、これもうーんという感じですね。
このあたりは切る直前に決めるか、いくつか切ってから考えても良いのでとりあえず放置します。
>>文月さん考えて (丸投げ


側板をローレットで止めている部分は、丸いスペーサーを入れるときれいに見えるだろうと思っています。背面側の狭い部分は10mm、前側のアクリル板を止める部分で25mmの隙間になるように設計しました。


反対側も同じようにMIKUさん透かしが入っております。


案3の分解パーツ。


案1~3の比較。


>>文月さん、色のイメージってあります?
 おおよそイメージがあればその色塗ってレンダリングしてみます。

ここまでの設計でレンダリングしてみます。時間がかかるのでアクリルの発光は無しの状態で。
私的にはいい感じだと思っています.....






 このとおりに仕上げるのはたいへんと思いますが、出来るだけ近づくようがんばりたいと思います。


2015年1月25日日曜日

ファビーファブリケーション福岡 逆シンポジウムに行ってきました

 
名前だけだとなんじゃそれ、というイベントですね。

唐突ですが、福岡市ではその昔アジア太平洋博、通称よかトピアいう博覧会が開催されました。バブル景気よりも前のことです。そのときに今の百道浜(ももちはま)地区が埋め立てられていろいろなパビリオンが立ち並びました。そしてよかトピアのシンボルとして立てられたのが福岡タワー(確か高さ123m)です。で、博覧会終了後の跡地にはホークスの本拠地福岡ドームを始め、総合図書館、産官学連携推進施設、企業を誘致したソフトリサーチパークなどが建設され、そして高い福岡タワーがあるということで、いくつかのテレビ局が引越しをしてきたりしました。
博覧会跡地利用ということで、全体的には行政主導で作られた実験都市といった風情で、公的色彩が強いところです。
ということで、私はその昔まだここが海岸だったころに泳いだこともある百道浜ですが、いまや福岡市を代表する箱物行政の集合体観光名所のおしゃれな街となっております。
で、引っ越してきたテレビ局のひとつにフジテレビ系のTNCがありまして、そのビルの二階にロボスクエアというロボットをテーマにした福岡市が運営する施設があります。
まだ続きます。で、そのロボスクエアの中に今月末モノつくりのためのものづくり工房が開設されます。 そしてその関連でだと思うのですが、この土日にファビーファブリケーション福岡というイベントが開催されました。
イベント自体はどちらかというとお子様向けの「作ってみよう」系のプログラムが多いのですが、二日目の午後に「逆シンポジウム」と称して、九州の FabLab が集まるシンポジウムが開催されました。
これに参加してきたのです。長い......

参加したのは、FabLab大分FabLab佐賀FabLab太宰府FabLab福岡β、FabLab九州大学β、そして株式会社三松 というパネルの方々でした。
みら太な日々的な今回の目玉はFabLab九州大学βさんと株式会社三松さんです。そのほかの方々は今までのいろいろなイベントでお話を聞いたり遊びに行ったりしたことがあり、どのような活動をしていらっしゃるのかおおよそ知っているのです。

逆シンポジウム、という変わった名前ですが、まずは通常のイベントのように各施設の活動紹介が行われました。進行役はNHKの中谷解説委員でした。中谷さんはNHKで見かけたことがありましたが、メディアラボにも籍を置いていたことがあると言う面白い方だと言うことを今回初めて知りました。 

パネルの方々。



佐賀の陣内さん。


太宰府の柳瀬さん。


福岡βの加藤さん。


三松の田名部さん。


九州大学の富松先生。


中谷さんの進行でディスカッション。


九州大学のFabはまだまだこれからと言った感じです。つい数日前にようやくレーザカッターが届いたとのこと。今後の活動がどのようなものになっていくのかは今回のお話からは断片的にしか見えませんでしたが、大学らしく世界のFabとの連携といった活動にも力を入れていくようです。個人的には会社から歩いていけるようなところに出来るFabですので期待したいと思います。

三松さんは以前から「面白いことをやる会社だなあ」と思ってみておりましたので、社長のお話を聞けたのは良かったです。そして、予想通りのおもしろそうな会社のようです。
ここは金属加工を専門とする中堅どころの規模の会社なのですが、加工対象の7割が一品物だそうです。一品物を年間百万個単位で作っているという非常に小回りの効きそうな会社です。
FabLabとの関係としては、FabLabが不得意な金属加工を一品、小ロットから受けるプロフェッショナルサポートとしての立ち位置です。FabLab福岡βを運営する株式会社マイサさん(こちらは講演された加藤さんが率いるセンスあふれる建築デザインの会社です。)と連携して、福岡FABtra というコラボレーション活動をしていらっしゃいます。

とにかく、非常に楽しく、収穫の多いイベントでした。...で、逆シンポジウムという名前ですが、狙いとしては主客逆転して会場側からの声をトリガーにして議論を進めるという趣旨だったようですが、どうしてもパネラーの話す時間が長くなるのは仕方がないことでして、結果的には普通のシンポジウム+αといったものでした。中谷さんが進行してくださるということで会場からの声を引き出す役者の力は十分だっただけにもう少しバランスを調整していただけるとより良かったと思います。
私もみら太な日々を代表して(笑)質問をしてきました。中谷さんに「逆シンポジウムの講演ですよ」と促されて、前に出てしゃべってきました。汗顔であります。
 「福岡にもTechShop欲しいですよね」という意見(?)や「FabLabの将来は?」という私の質問にお応えいただく中で、もうすぐ日本にもteckshop(的な?)が出来るらしいことを知りました。(調べてみるとここに記事がありました。)
また、会場からの声の中の主にタカハ機工株式会社の大久保さんがいらっしいました。 タカハ機工さんが福岡の会社だったこと、そして現在同社内にFabLabの開設を検討していらっしゃることなどを本日知りました。
タカハ機工さんといえば昨年のMFTで「ソレノイドで作ったV32エンジンで動くうねうねしたやつ 」を出品していらっしゃったところです。こちらも今後の動向を全力で期待しながら注視したいと思います。

最後に、ロボスクエアについて少々ご紹介。
私今回ここに初めていきました。自宅から比較的近いにもかかわらず、また足しげく通っている図書館のすぐそばであるにもかかわらずです。
実は私なぜかまったくといっていいほどにロボットに興味がありません。 工作機械のロボットについては興味全開なのですが、いわゆる人型といえばいいんですかね、あの手に興味がないのです。
ということで、今までいったことがなかったのですが、ショップの品揃えがすばらしく、驚きました。自宅からもっとも近いArduinoが買えるショップであります。

会場中央にあるオブジェ。レーザカッターを使って切りまくったアクリルの人型シルエットを導光で光らせてレイアウトしてあります。今回のプログラムのひとつ「みんなでつくるピカピカシティ」です。アクリルの板にさまざまな模様をEngraveで予めつけてあり、それを様々なポーズをとったモデルのシルエット型に切り取ってあります。 変な目で見てはいけませんが、LEDの使い方やうまく導光させるためのカットの形状などなかなか参考になります。


こちらはArmコアのCPUが載ったテストボード。ロボット界では常識なのかもしれませんが、始めて見ました。 NXPのチップなのでmbedなのかもしれません。


モータやらセンサやら様々なロボット系の部品。
生まれる時代が違っていたらきっとこのあたりに毎日張り付いていたんだろうと思います。


ちょいと緩めのロボットも売ってあります。


Arduino とシールドがたくさん。カホパーツよりも充実しているかもしれません。すばらしい。


遠目ですが、ものづくり工房とtrotecのレーザカッターspeedy100。 ほかにimoderaとかAfiniaのプリンタとかがおいてありました。今月末に正式開設されます。


ショップ全景。子供たちがたくさん。


順番が逆ですが、看板。
ほかにもデコレーションが山ほどあったのですが、写真を撮るのを忘れました。


ということで、たいへん収穫の多いイベント参加でした。


【依頼案件】ミクさんのサイバーコンソール その9

 
シート全体を乗せるベースを描いてみました。
第一弾は結構頑丈に設計したデザインです。

最下部の構成をどうするかはまだ考えておりません。さすがに一枚板はないだろうということを思っているくらい。



後ろから見たところ。



今回描き足した部分です。
全体は4mmのMDFをレーザカッターで切り出し、アルミのL材をつかってシートとの間をつなごうかと考えております。


後ろから。


このようなデザインにしたのはシートの角度を変えられるようにしてみたからです。
傾けるとこんな感じになります。


もうひとつ二つデザインをしてみて、決めていきましょうかね。

>>文月さん、御要望等ございましたらコメントくださいませ。ちょっとごつすぎですかね。

ペルチェ素子冷却霧箱の作製 その1

 
Maker Faire Tokyo 2015 エントリーを目指して展示物を作っていきたいと思います。
今まで作ってきたものが高電圧、真空、プラズマと危険なものばかりで会場で動かせそうな感じがしませんので、動かせそうなものとして霧箱をやってみます。本日よりタグ「霧箱」を増設します。

皆様霧箱はご存知ですか。ご覧になったことがありますか。作ったことがありますか。
私はいずれもYesであります。

霧箱は荷電粒子を検出するための装置で、宇宙線や放射線の観察に用いられます。ウィルソンの発明でノーベル賞を取った技術です。初期の霧箱は膨張型と呼ばれるもので、断熱膨張で雲が出来そうな状態を作り、そこに飛び込んだ荷電粒子が液滴の凝縮のきっかけとなることでその軌跡に従った白い雲の線が出来ます。
その後、粒子の検出は写真乾板や固体検出器に取って代わられましたが、比較的簡単に粒子線の存在を実感できるものとして今でも教育用途などで使われています。そして、一瞬しか使えない膨張式の面倒さも改善され、アルコールの過冷却を用いて連続的に観察できる方式が主流になっています。霧箱は英語で cloud chamber です。検索すると山ほど情報が出てきます。自作していらっしゃる方も多数いらっしゃいます。

なぜに霧箱がこのように人々をひきつけるのか、それは動いている霧箱をご覧いただくと一目瞭然だろうと思います。
非常に美しいのです。

一例としてMITが公開している動画を紹介しておきます。霧箱の残念なところは、撮影してもその美しさがいまいち伝わらない所です。いろんな角度から立体的に見て始めてその美しさ、不思議さがわかります。二次元の映像ではすべてが伝わらないのです。

私が始めて動いている霧箱を生で見たのは、久留米市にあった福岡県青少年科学館でした。その霧箱は一辺が1mくらいあるような非常に大型のものだったと思います。あまりの美しさと不思議さに1時間以上じっと見ていた記憶があります。
その後非常に作ってみたくなり、息子の夏休みの理科実験として作ってみました。そのときはサーティワンのアイスを買ったときのドライアイスと、100円ショップで買った箸立てを使いました。簡単な工作であっさり動作し、小さいので頻度は少ないものの、宇宙線が容器を通過するのを観察できました。
この霧箱第一号は冷却がドライアイスだったので、30分くらいでドライアイスがなくなって終了でした。今回はこのドライアイスをペルチェ素子に置き換え、連続動作させるのが目的です。
ペルチェ素子を使った霧箱も多数製作例があります。 先人の工夫を学びながら良いものを作っていきたいと思っています。

では早速作製開始です。
まず使いそうなものを確認。ペルチェ素子と温度センサです。霧箱はいずれ作ろうと思っていたものの一つですので、使いそうな部品はすでに買い置きしてあるのです。


ペルチェ素子。カホパーツセンターで買いました。17.6V 6A の記載があります。端子は出ていないので自分でつけないといけませんね。同じものが二つあります。500円くらいじゃなかったかなあ。


こちらは秋月電子で買っていたもの。16.8V 9A の最大定格のものです。これをメインに据えて、上の二つをサブに使うというイメージかな。


こちらは制御のために必須になると思われる温度センサ。秋月電子です。-40度から120度以上まで測れます。今回は氷点下に注目。本当はもう少し下のほうまで欲しいのですが、これ以下のものは見当たりませんでした。


早速ペルチェ素子に通電して遊びたいとことですが、そこは我慢して制御系を作っていきます。
まずは温度センサを動作させます。
最近すっかりお気に入りのArduinoを使います。温度制御くらいの時定数なら楽勝もいい所です。
Arduino UNO とLCD、ブレッドボードなど、レーザ加工機の制御系用に仮組みしていたボードを流用することにします。


まず LCDを動かします。これはすでにやったところですので自分のブログを見ながら復習(笑
最近はちょっとやらないと全部忘れてしまいます。年はとりたくないものです。

まず豆腐を出して、


文字表示をさせます。


表示の準備が出来ましたので、温度センサを動かしてみます。
C1827なんかのトランジスタみたいな外観です。VDD、GND、Vout だけという簡単さ。


言われたとおりに繋いで、出力を Arduino のアナログINに接続します。


こんな感じ。
温度センサは複数必要になると思いますので、とりあえず二つ動かしてみました。


LCDに表示させたところ。校正も何もしておりませんので思いっきりばらついています。
ちなみに、換算は5V基準で読み取られる Arduino のアナログ値を電圧換算し、説明書に従い電圧オフセットを除いて1℃あたりのステップで割っただけ。詳しくは最後に添付したソース(スケッチ)を。


高温ドライヤで加熱して冷えていくところを動画で。それなりに動いているようです。
校正方法はデータシートを参照する必要があります。個体差も大きいようですので全体設計をしっかり行ってから取り掛かりましょう。


 Arduino のスケッチはこちら。工夫も何もありません。

 #include <LiquidCrystal.h>

// initialize
LiquidCrystal lcd(2, 3, 4, 5, 6, 7);

// declareation
float temp01;
float temp02;

void setup()
{
  // define LCD size
  lcd.begin(16, 2);
  // show message
  lcd.print("mirata.na.hibi");
  // move cursor
  lcd.setCursor(4, 1);
  // show second row
  lcd.print("Temp control");
 
  delay(3000);
  lcd.clear();

}

void loop() {

  // measure temp & display LCD
  temp01=(4.9*analogRead(0)-400)/19.5;
  temp02=(4.9*analogRead(1)-400)/19.5;
  lcd.print("01:  ");
  lcd.print(temp01);
  lcd.print(" deg");
  lcd.setCursor(0, 1);
  lcd.print("02:  ");
  lcd.print(temp02);
  lcd.print(" deg");
  delay(1000);
  lcd.clear();

}