2015年7月26日日曜日

3Dプリンタ壱号機、CNC弐号機、レーザ加工機四号機 作製計画

 
今年に入ってのあまりの出張の多さにそろそろ「転勤」の二文字が目の前をちらちらしているみら太な日々であります。
行くとすれば横浜の奥のほうになりそうです。早ければこの秋にもみら太な日々横浜支局(いや本部か)開設ということになるかもしれません。

ということで、少しずつですが身辺整理をしようかと思い、所有しているゴミ財産の整理をしています。が、遅々として進まず。むしろより散らかる方向への妄想が頭をもたげてきております。
それは以前一度は計画しながら、衝動的にreprapの中華キットを買ってしまったがために頓挫していた3Dプリンタの自作であります。

自分でも買ったのを忘れていたのですが、先日二つ目のE3Dヘッドが届きました。
一つ目のヘッドで修理したプリンタがあまりに調子がいいので、感動して二つ目を注文したのでした。


で、これを見ていると、整理のために棚卸していたアルミフレームやら直動機器やらが頭の中で勝手に繋がり、自作3Dプリンタの構想が始まってしまいました。
棚卸の結果、主要な部品がすでに手元に相当量あることはわかっております。直感的にいけそうであります。

改めて棚卸品を見てみますと、

アルミフレーム。
長さと太さがまちまちなので組み合わせにあたまを使いますが、25mm角と40m角の二種類で、長さも同じものが4本ずつあったりとか、比較的御し易そうです。数も十分かと。


リニアガイドたくさん。
重量物用などはるかかなたにオーバースペックなモノが多いのですが、大は小を兼ねるかもです。





ほかにもジャンクシャフトとリニアブッシュはたくさんありますし、ステッピングモータはそれこそ捨てるほどあります。A4988ドライバも10個以上ストックされています。

ということで、いけそうであります。いやいけそうどころかほかのものまで作れそうであります。
特にリニアガイドなどは3Dプリンタに使うにはあまりにもったいないものばかりです。これらやCNCに使ったほうがいいでしょう。

CNCといえば、こないだオリジナルマインドさんから新しいキットミルが発売されました。思わずポチりそうになる素敵な出来であります。欲しいです。すごく欲しいです。MFTでもよだれだらだら流しながら見てきたいと思います。
が、ここで既製品に手を出してしまうと本ブログの趣旨から外れるような気がします。ここはじっと我慢して自作であります。

さらにさらに、細いリニアガイドを見ていると「これにキャリッジを載せたら相当精度の高いレーザカッタが出来そうだ」と思えてきます。長さも十分であり、現在の参號機のA4サイズから倍のA3サイズ対応へグレードアップできそうです。

そんなこんなで、整理はちっとも進まずに妄想ばかりが増大しています。
これら一連の設計をfusion360でやったら相等スキルアップできそうにも思えます。

ということで、あんまり欲張ってはいけませんが、3Dプリンタあたりから設計に着手してみましょう。

いやその前に棚卸と整理です(笑
いろんな依頼事項も再起動しないといけないし、時間がいくらあっても足りません。

0 件のコメント:

コメントを投稿