2015年10月31日土曜日

レーザ加工機の排気系をさらにさらに何とかする その2

 
Anchan さんに送っていただいたブロアの取り付け準備に入ります。

Anchan さんからのアドバイスによると、ブロアを取り付ける位置はできるだけ排気口の近くにして、そこまでの配管の気密を高く保つことが大事ということです。ふむふむ。
ということで、ブロアを窓の近くにおいて、そこまでダクトを引くことにしました。

ところがこのブロア、結構大きくて重いので作業台の上に置くと邪魔です。また作業台の上に置くと接続するダクトも曲がりくねりますので排気効率が下がりそうです。
さてどうしたもんかとしばらく考えたのち、作業台の上にさらにテーブルを作って、ブロアを窓枠よりも高い位置に置くことにしました。横浜へ持ってきたものの、使い道がなかったアルミフレームを使ってテーブルを作れば在庫も減らせて一石二鳥です。

そうと決まれば早速テーブル作っていきます。
アルミフレームの在庫を引っ張り出します。


ジャンク品をかき集めたものなので、長さも太さもバラバラです。
なんとか使えそうな組み合わせを探します。


100均のMDF板が載せられそうなこの組み合わせで行くことにしましょう。


ブロア乗せてもびくともしません。


コーナー材を止めていきます。


このL金具とフレームのサイズはあってない(笑)のですが、まあテーブルくらいなら大丈夫でしょう。
ジャンク品に手間をかけるのはお金の無駄であります。


足つけていきます。


一か所しか止めません。パーツが足りないのです。強度的にちょっと不安ですが強行です。


できました。


思いのほか良い感じ。


こんな向きに横倒しにして使います。


ここで、セキチューみなとみらい店にひとっ走りしてダクト買ってきました。
今日はセキチューポイント5倍デー。


100mmφダクトと、


中には75mmφダクトも入っています。


ダクトとブロア、レーザ加工機本体の接続がちと面倒であります。
継ぎ手は3Dプリンタさんに作ってもらうことにしましょう。

今回は練習のためにあえてfusion360で設計してみます。
まずブロア描きます。いきなり完成状態ですが、ここまで来るのにめっちゃ時間がかかりました。SketchUpだったらこの絵は20分くらいで描けると思うのですが、fusion では2時間くらいかかりました。まあ一歩一歩いちいちわからないことだらけです。さらにSketchUpに慣れてしまった作図の考え方と違うところがあまりに多く、というかSketchUpの経験が邪魔をしてうまくいきません。


さらに、fusion は簡単にレンダリングできるので、ちょっと描いてはこんな絵を作ったりしているもんで余計にかかるのです(笑



こんな事やってるうちに夕方になってしまいました。
遊んでないで洗濯をしないといけません。単身赴任者は忙しいのです(笑 本日はハロウィンということで横浜基地があるマンションの真下に野外ステージが出来ており、うるさいことこの上ありません。
ちょうど伊勢佐木町と野毛を結ぶ道路の横ということで、真下の道路が歩行者天国になっています。

今日は買い物をしに行くときに、血のりのついた看護婦さんやら、ドナルドやら、バカ殿やら、マリオ&ルイージやら、一貫性のない人々とすれ違いました。
ハロウィンの趣旨は知りませんが、間違いなくこれらの方々はハロウィンの趣旨とは関係ないと思います。

【依頼案件】ミクさんのサイバーコンソール その26

 
その25で思わせぶりなことを書いておりましたが、関係各位、というか一人ですが、ご承認をいただけましたので投稿にしておきます。

とりあえずこれを


ミクさんのサイバーコンソール風ですが、周りがリングで囲まれております。またコックピットのデザインも若干異なります。

驚くべきことというのは、なんとサイバーコンソールのデザイン元、オリジナルのデザイナーさんにこのブログを見つけていただいて、太っ腹にも元データをご提供いただいたのです。

作者様はchoi_tech さんです。
オリジナルの作品は、material SNS "FG"、http://www.fg-site.net/members/14297/ にあります。
(よく落ちているということですので見れないかも、....今落ちてます(笑)

かれこれ一年近く前になりますが、文月さんより依頼をいただいたこの件、設計の元データになったのはここにある組み立て説明図でした。
画像をCADでトレースして、3Dに起こして、整合性がとれるように調整して、よくわからないところは勝手に作り込んで、といったことをやってきました。で、そんなこんなしているときに choi_tech さんがこのブログを見つけてくださったということです。
完全に勝手にコピーしてやっておりましたのでお叱りを頂戴して当然なのですが、今回は太っ腹にも流用をご承諾いただけました。choi_tech さんにもお楽しみいただけていたとの由、申し訳ないやらなんやらという顛末だったのです。

3Dデータはいくつかの形式でお送りいただきまして、その中からdxfが最もきれいなデータ変換ができましたので、それを使って fusion360 でレンダリングかけてみました。


現物もこんなにかっこよくできるといいんですけどね、現実は厳しいです(笑

choi_tech さんも関東におすまいということで、いずれお会いする機会もあろうかと思っております。
ブログのおかげで、また素晴らしい方とお知り合いになることができました。
書いててよかったみら太な日々。

文月さん、いつか3人でお茶でも飲みましょう。

2015年10月25日日曜日

レーザ加工機の排気系をさらにさらに何とかする その1

 
Anchanさんに確保いただいたブロアを送っていただきました。このブロアを使ってレーザ加工機の排気系を改造したいと思います。Anchanさん、改めてお手数をおかけしました。お心遣いに感謝申し上げます。

さて、肺炎を患って入院騒ぎを起こしましたあと、排気系の強化は一度行いました。が、実はこれ、それなりに強力な排気をしてくれるのですが、それ以上に騒音を発生します。まあ、小型掃除機のターボファンを改造して取り付けてますのでうるさくて当たり前なのですが、夜はとても動かせません。
ということで、より静かで強力な排気系を目指した改良工事を行いたいと思います。またそれに合わせてサブ作業台にフレームで棚を組んで使い勝手の改善も行いたいと計画しています。

お送りいただいたブロア。
誠に丁寧な梱包をいただいております。恐縮いたします。


開梱の儀。黒いレンコンは騒音低減のフィルタとのこと。ありがたきご配慮。


出ました。


これは頼もしい。


鋳物のフレームにモータが一体化されております。
Zuico HB161 との記載がありますが、ネットで検索してもなんも出てきません。ズイコーという会社はグラインダとかの画像は見つかりますが、ブロアは見当たりません。つか、ズイコーレンズのノイズが多すぎて検索から省いても邪魔で仕方ないです。


ということで、情報検索は諦めます。頑張っても3Dの図面が出てくるなんてことはまずないようにおもわれます。

動かしてみましょう。


頼もしいです。ティッシュがぶっ飛んでいきます、その向こうのカーテンも窓に押し付けられております。
これは結構吸いそうですね。

まずは現物の寸法を測り、設計を進めたいと思います。

【依頼案件】ミクさんのサイバーコンソール その25

 
なんと八月のUVクリアリングイルミネーションの投稿以来であります。
いろいろあったとは言うものの、こんなことでは本当にライフワークになってしまうのです。
急ぎましょう。ゴールがどこにあるのかよくわかりませんが(笑

実は横浜本部設営のごたごたの間ミクさんのサイバーコンソールは福岡の実家に置いたままにしておりました。
引っ越しの時に持っていこうかとも思ったのですが、置くところが確保できるかどうかもわからないし、壊すとまずいし、どうせ持って行ってもすぐに手がつくわけでもないし、ということで放置していたものです。

で、先週の月曜日が福岡出張(笑)だったため、一日早く帰って実家にてすべて分解し、トランクに突っ込んで横浜へ持ってきました。

帰福したのは18日の昼頃。とてもよく晴れた日で、北アルプスのはるか先に日本海まで見えました。


自宅に帰ったら早速分解です。モノがなくなって寂しくなった作業台ですが、分解作業ははかどります。
と言いつつ、ほとんどすべての工具を横浜に移動しているのでドライバーひとつ探すのに苦労します。


ばらしが早いのはなんでも同じ。壊さないように注意するのみ。


簡単そうに見えますが、これで結構な数のパーツがあるんですよ。




ばらばらになりました。


ねじやスペーサーもこんなに使っています。これからいろいろ組みつけていくことになりますのでさらに増えます。


大切なUVクリアリング。


ばらしたパーツは大きさごとにざっとまとめて、


新聞で梱包しました。


ついでに何本かシャフトを持って帰ろうかと思って、シャフトのストックを出してみたら....
こんなに持ってました。手前の袋入りを除いて全部ジャンクです。これまでに10本くらいは使っているはずですが、こんなに残っているとは思ってませんでした(笑 いったい何台くらいスキャナやらぷりんたやら分解したんでしょうね。


福岡空港でシャフトのもちこみにひと悶着あったのはさておいて、横浜到着です。


とりあえず、持ってきただけですが、サイバーコンソールも横浜で再起動です。


文月さん、そのうち遊びに来てくださいね。
ひょんなことからお付き合いが始まりましてほぼ一年。やっとお会いできますね。

実は、つい今週のこと、サイバーコンソールに関しては実に驚くべきイベントが起きたのですが、関係各位のご了解が得られましたらこちらでも取り上げさせていただきたいと思います。

2015年10月17日土曜日

レーザ加工機再起動

 
排気ノズルのジョイントができましたので、レーザ加工機の再起動を行います。
YMMFで山口を往復したのと、福岡→横浜の引っ越しで光軸はめちゃめちゃになっていると思われます、というかそもそもレーザ外してましたのでほぼゼロベースでの調整です。

まずは電気系をつなぎます。
ちゃんと作り直すつもりの制御系。二年くらいたつのにまだブレッドボード(笑


レーザにも配線します。あいかわらずいい加減。
高電圧ですが、電流は少ないのでポイントさえ押さえればたいして危なくはありません。


レーザ電源とモータ電源を仮置き。この仮置きが非常に危険です。たいていの場合恒久的にその位置に置かれることになります。ということで、仮置きの位置は慎重に決める必要があります(笑


注意をしないといけない高圧側。


と言いつつ適当な取り付け。


モータとリミットスイッチを配線します。
なんの表示もしていないのでパズルを解く世界です。リミットスイッチの入れ替えとか順列組み合わせの7割くらいやりました。


無事原点復帰を確認。


ここから地獄の光軸合わせ。と言いつつ20分くらいできっちりと合いました。
初めてレーザ管のマウントを調整するという事態になりまして、調整機構を設けていてほんとによかったと思った次第。

調整が済めばテストであります。いつものパターンを厚紙の上に全力の1/10くらいのパワーで描きます。


できました。ノーミスです。


パワーいじってますので線が太かったり細かったりしますが、精度はばっちりであります。


ということで、これで動かせるようになりましたので排気系をつなぎます。
これまでのダクトをつないでいたジョイントを外して、


先週プリントしたこれと入れ替えます。


洗濯機の排水延長ホースをつないでテープでぐるぐる巻きにします。


排気ファンの出口につないで、


テストしてみましょう。


ばっちりですね。
当面は窓の外にホースを垂らすだけ、吹き返しで排気が部屋に入ってきます(笑


ちゃんと窓に仕切り板を入れて排気口を出さないといけません。
ですが、今は車がないので、ちょっとした板を買うのも結構面倒なのです。これはまた次の仕事です。