2016年11月27日日曜日

自転車到着

 
限りなくインドア派な投稿が多いみら太な日々でありますが、登山とキャンプとサイクリングは好きであります。
横浜基地設営以来、登山/キャンプとはすっかり無縁になってしまいましたが、自転車だけは小さな折り畳みを持ってきており、買い物やらハードオフ無理やりツアーやらで使っております。まあ、サイクリングというよりも日常の足であります。
折り畳み自転車は便利ではありますが、ミニベロなんかでもない限りギア周りに特別な工夫はありませんので「漕いでも漕いでも進まない」という点でイライラします。
私、小学4年生から新聞配達を始め、中学三年の受験直前までやっておりました。配達の担当エリアはほとんど団地だったため、一番の成長期に毎朝30本くらい5階ダッシュをしていたことになります。ヘタな運動部よりも運動量が多かったと思います。そのおかげか足だけは非常に強く、この年になっても足腰周りで困ることがあまりありません。ので、漕いでも漕いでもというのは非常にストレスがたまるのです。

話はぜんぜん変わりますが、みなさまふるさと納税はしていらっしゃいますか。
「ああ居住地の代わりに出身地に納税してお礼がくるやつね」という理解の方、それはかなり間違っています。ぜひ勉強してください。特にサラリーマンの方は「ふるさと納税をやらない」という選択はあり得ないと言い切れるほどにお得な制度です。
私も会社の後輩から話を聞いたときに「???」という感じだったのですが、ちょいと調べることで「!!!」となりました。
この投稿の趣旨はふるさと納税を振興することではありませんので、詳細は割愛します。ネットに山ほど情報がありますので、まだご存知ではない方はぜひ調べてみてください。

なんでこんな唐突な話をするのかというと、この投稿の自転車が「ふるさと納税のお礼の品」だからです。つまりタダでいただいたものだということです。
えっ!と思った方、すぐに調べましょう。やらんとアホですふるさと納税。

手に入れたのは、アートサイクルスタジオの F550 というモデルです。スタイル的には「フラットバーロード」ということになるようで、ロードレーサー寄りのクロスバイクといった位置づけになるようです。市販価格は5万円を切るくらい。これがタダで手に入るんですよ。
ふるさと納税を行ったのはひと月ほど前のことです。大阪泉佐野市です。
で、勤労感謝の日に届きました。

でかい段ボール。この話を思い出しました(笑 わが家に届いた箱はとてもきれいでしたよ。
さすが日本国。


開梱。クロモリのスリムなフレームを活かすためにホワイトを選択しています。


非常に丁寧な荷造り。


リアのギアは8段もあります。昔乗ってたロードは6段でした。技術の進歩はすごいですね。


さて、狭い横浜基地内で組み立てるために色々と工夫が必要です。借り物の部屋ですから床に傷を入れるなどもっての外であります。


まずは本体を出します。


サドルやペダルなどの小物は別の箱に入っています。


工具も付属しているので、組み立てには困りません。
横浜基地には普通のご家庭にはない工具がありますが、自転車の工具というのはまた一段変わったものが多く、工作系の工具が役に立たないことも多いのです。


では組んでいきます。


コンポーネントはシマノのクラリス。
シマノというと私にはどうしても釣りのリールのイメージが強いのですが、世間一般的には自転車用パーツで世界に冠たる会社のようですね。私の中の自転車といえばイタリアであり、カンパニョーロやジオスといった名前が浮かぶんですが。


さすが日本の心配り。すべての緩衝材は外しやすいマスキングテープで留められており、しかもテープの端は折り返されて外しやすくなっています。留めてある箇所はたくさんあるのですが、それの全ての端が処理されているのです。素晴らしい。


組み立ても写真付きの解説付きです。何も怖いものはありません。


詳しい。



まずハンドル固定します。


最終ポジションは乗ってからなので、仮固定です。


フロントタイヤつけます。700-25Cです。ロードよりもちょい太めですが、そこらの自転車よりも全然細いのでかっこいいというか頼りないというか。


スタンドもありませんので、窓の手すりにベルトをかけて車体を固定しながら作業を進めていきます。


お次はサドル。


これはまあ挿して締めるだけですね。


ペダル。ここは特殊工具、というか薄いスパナが必要なところ。写真のスパナが付属しています。
簡易な板材で出来ているというのはそうですが、この厚さでないとペダルが締め込めないのです。
ペダルはごくごく一般的なものがついています。沼に踏み込む勇気があれば、ペダル一つでも破産することができる闇を覗けます(笑


出来ました。


かっこいいです。アルミフレームとどちらにするか迷ったんですが、やはりスリムなクロモリにして正解です。白い色と相俟ってこの洗練された感じ。


細っこいので狭い横浜基地においてもそれほどじゃまでもありません。


ということで、みら太な日々には珍しいスポーティな投稿でした。
いや、組み立てただけだからスポーティじゃないか。

0 件のコメント:

コメントを投稿