2017年3月19日日曜日

【依頼案件】ミクさんのサイバーコンソール その37

 
無事修理が終わった3Dプリンタさんで作業再開です。
側板1と2の間をつなぐパーツを作っていきます。と言っても何のことやらわかりませんよね。図示します。
シートの側板は3層に分かれています。内側から第一第二第三側板と呼んでおります。
第一側板は座面と接着されており、すでにがっちり固定済みです。第二側板は現在長ネジで仮止めになっておりますが、ふにゃふにゃしております。その第一側板と第二側板の間をしっかり止めるためのパーツを作るわけです。


この真ん中の空間を埋めます。


後から見たとこ。


下の方のこの辺りにももう一か所固定を行います。


ということで、上下のスペーサー、左右セットということで大小2個ずつのパーツをプリントします。適当に引いた図面はこちら。サイバーコンソールのデザインはヘキサゴンベースとなっておりますので、ここも六角柱で作ります。
これは古いデザインで、これでは時間がかかりすぎるということで、隙間を埋めたモデルに変更していますが、外形は同じです。


Gコード作って、


プリントしていきます。とりあえず順調にスタート。


積んで積んで、


積んで積んで...アクリルで作った補修パーツは何の問題も無く機能しております。


そのまま無事終了。


当社比できれいです。
最近の新型には及びませんが、十分機能を果たしてくれます。


剥がして、


この部分に取り付けます。


一旦側板2を分解して取り外し、そこにいまプリントしたスペーサを取り付けます。


元に戻してねじで締めれば完成。


下の方も同様。
これで非常にがっちりつきました。しかも取り外し自在であります。
あとは外に見えているねじの頭を何とかしたいところ。アクリルでキャップを作るか、あるいは化粧ネジを締めて敢えて見せる形をとるか。今後考えていきたいと思います。


3Dプリンタさんの調子が思いのほかいいので、というかまたいつ壊れるかわからないので、この勢いで第三側板のスペーサも作りました。


デザインは同じで長さが違うだけ。


こんな感じに取り付けることになります。


第三側板は側板そのものがまだありませんので仮の仮です。
こんな感じで取り付けることになるのでしょう。今はサイズ確認にとどめておきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿