2018年2月4日日曜日

買ったもの

 
久々の買ったもの投稿です。
忙しい忙しいと言いながらも買うものは買っております。最低限のストレス発散はしているのであります(笑

まずは独身の日に買って届くのを待っていたこいつです。年末に来ました。


$60弱しておりますのでさすがにちゃんとした梱包。


買ったのは6022BEという基本機能のみのモノ。ロジアナとかない奴です。
機能としてはおそらくすでに持っているDSO QUADやDSO NANOあたりと同じと思われます。これ。


これはこれで十分役に立ちますし、持ち運びも簡単でよいのですが、どうしても画面が小さいし、操作性もいまいちです。今回はUSB接続でPCの画面で見ることができるものが欲しかったのです。


しっかりした箱であります。


プローブと、


本体とUSBケーブル。USBケーブルは通信/電源の他に電源専用のプラグ(赤いやつ)がついているタイプです。ポータブルタイプのディスクライタについてたりするやつですね。



プローブは二本ついています。本体の入力も2チャンネル。


プローブはちょっと怪しいですが、X1、X10切り替えついています。


本体とPCにインストールするソフトウェアが入ったCD。


前面。縦でも横でも使えるデザインになっています。


うしろ。


よくわからない拡張端子というか基板の端っこというか、そんなものが見えます。
調べてみると、測定器連携のための拡張のようです。GPIBみたいなもんですかね。


プローブ。


一見ちゃんとしております。
ただ、補正用のトリマがありません。あとでわかりましたが、ソフトウェア補正になっているようです。大丈夫なのかな。


で、これがそのそふとうぇあ。非常にシンプルでわかりやすいです。DSOでちまちま操作していた項目がマウスでできるようになるのがうれしいですね。
まだ通電確認くらいしかできていないのですが、ぜひぜひ使っていきたいと思っております。


ここからは最近買ったものです。
まずキャラクタ液晶モジュール。Aliexpressです。一つ$1ちょっとと激安。今更1602互換でもないような気がしますが、勝手がわかっていて使いやすいものでつい。


これです。

そのほかはこの週末に届いたものです。


みんな大好き直動機構検討用のローラーです。みら太な日々ではDINレールを使ったスライダーの応用検討を続けております。が、重量物はやはりこういったローラーやべありんぐを使う必要があると考えております。


このローラーはこのように2020タイプの溝にきっちり収まるのです。
使えそうでしょ。


買ったのはこれです。

お次、2.4Ghzの独自IFタイプのマウスです。環境によってはBTよりも安定しているという印象&挿せば動くお気楽さが気に入っております。$3台とこちらも激安。


これです。

最後に比較的まともなものを。といっても色物には変わりありませんが(笑
こちら、骨伝導ヘッドホン Aftershockz です。


「骨伝導でいい音が出るわけないやろ」というのがこれまでの私の見解だったのですが、Aftershokzを体験してその考えが変わりました。
出張に来た会社の同僚が使っているのを見て、新しもの好きが「なんだなんだ」と集まってきました。で、みんなで体験会をしたと。


正確には「骨伝導でいい音が出るわけないやろ」に大きな変化はありません。が、骨伝導+アルファで絶妙に良いものに仕上がっているというのがAftershokzなのです。


音楽を聴くという点において骨伝導の致命的な弱点は高音の弱さです。
原理的に皮膚と脂肪と肉を介して骨まで振動を伝えるわけですから、吸音材でスピーカーを覆っているようなもんです。原理的に高音がよく聞こえるわけないのです。
Aftershokzではその問題を実に開き直った方法で解決しています。パッド部分に骨伝導アクチュエータに加えて小さなツイーターをつけているのです(笑 いや笑ってはいけません。この効果は絶大です。ちゃんと音楽として聴けます。「一方ロシアは鉛筆を使った」的な解決方法ではありますが。


音質的にも使い勝手的にもクセが強すぎて、初めて購入するヘッドホンとしては全くお勧めしませんが、用途を絞った使い方をすれば実に嵌ります。
耳を全く覆いませんので、当たり前ですが周りの音は良く聞こえます。のでランニングや自転車に乗りながら(自治体によってはダメ判定かもしれませんのでご注意を)でも使えます。部屋使いしていても電話や来客のチャイムにも対応できます。
が、みら太な日々的に一番お勧めの使い方は「街中でライブ音源を聴くこと」です。ライブというのは周りの客も騒いでいますので基本音楽以外にもうるさい環境です。音質も決して良いとは言えません。で、ライブ盤ではそのあたりのノイズを押さえつつ、でもそれなりに入れてライブ感を残して、みたいなチューニングをしているわけですが、このヘッドホンを使ってライブ音源に意図的に雑踏のノイズを加えるのです。これ一度体験すると病みつきになります。地下街なんかでライブ音源聴いていると「どっかにステージ組まれてるんじゃね?」と周りを探したくなるレベルです。おもしろい経験ができますよ。お勧め。
繰り返しますが、一台目に買うと多分後悔します(笑

0 件のコメント:

コメントを投稿